北陸鉄道石川線廃線跡探訪Part1

平成25年3月21日、北陸鉄道石川線の全駅乗下車の旅で、鶴来駅に着いてここから廃線跡を探訪します。
北陸鉄道石川線は、野町駅~鶴来駅間は現役路線ですが、鶴来駅~中鶴来駅~加賀一の宮駅間は廃止されています。
平成21年11月1日(最終運転日は10月31日かな?)に廃止になって3年4ヶ月ほど経ってますが、線路や下線や架線柱は撤去されずに残ってます。
駅は閉鎖されてホームに立ち入れなくなってますが、ホームや駅舎は残ってます。
では、廃線跡を紹介していきます。
 
 
 

鶴来駅のホームから撮影してます。
線路はこの先も続いてます。
 
 
 

鶴来駅横の公園から見る廃線跡
 
 
 

踏切跡にフェンスがあり、中に車止めがあり、線路が一瞬途切れている。
横に枕木が積まれている。
 
 
 

反対側は線路が続いている。
中には入れないので、線路に沿って行こうと思ったが、道が回りこんでるので、線路に沿うように進む。
 
 
 

線路は残っているが、藪がいっぱいになっている。
石川線の廃線跡を歩いてるが、実は能美線という路線が北陸鉄道にあった。
昭和55年9月14日に全線が廃止されてる能美線の本鶴来駅跡でもあります。
 
 
 

ここにガーター橋跡があります。
上の写真でも書いた能美線の橋梁跡。
能美線は石川線と併走した跡、この橋梁で分かれる。
 
 
 

能美線のガーター橋跡の向こう側
右の橋梁は石川線の廃線跡
 
 
 

ガーター橋を渡った後の能美線の廃線跡と思われる。
確証はありません。
 
 
 

石川線の廃線とに戻ります。
線路はまだまだ先に続いてます。
 
 
 

踏切跡はフェンスで閉じられている。
 
 
 

フェンスの向こうの建物は、公立つるぎ病院
この先に中鶴来駅跡があります。
 
 
 
 
 
つづく・・・

コメント

非公開コメント

プロフィール

redboy1969

FC2ブログへようこそ!