北陸鉄道石川線廃線跡探訪Part3

北陸鉄道の境界標を見たところで、加賀一の宮駅跡へ行ってみよう。
 
 
 

踏切跡から見た加賀一の宮駅跡
ホームも駅舎も残ってます。
 
踏み入り跡の向こう側に行って、駅舎に行ってみる。
 
 
 

加賀一の宮駅跡の横にある、
がんばれ北陸鉄道
石川線
乗って「支え守る会」
こんな看板掲げても時既に遅しです。
もう廃線になってるので・・・
 
 
 

加賀一の宮駅の駅舎
駅舎が残ってるのは、嬉しい限りだ。
この駅舎は永久的に残してほしい。
 
 
 

ホームには立ち入る事は出来ないが、横の民家の間から身を乗り出して撮影した。
ちょっと苦しかった。
 
 
 

加賀一の宮駅から先に線路があるが、途中で途切れている。
石川線はここが終点だが、金名線が現役時代の終点でもある。
金名線は、白山下駅から加賀一の宮駅間で、昭和59年12月12日に全線休止になり、昭和62年4月29日に全線廃止になった。
 
 
 

加賀一の宮駅横にある観光案内板
加賀一の宮駅跡は観光名所化している。
 
 
 
これで北陸鉄道鶴来駅-加賀一の宮駅間の廃線跡探訪を終わります。

コメント

非公開コメント

プロフィール

redboy1969

FC2ブログへようこそ!